薄毛や抜け毛に悩む女性ならまずは育毛剤を使おうと考える方がほとんどでしょう。
弱った毛根を刺激して発毛環境を整える育毛剤と、育毛シャンプーの違いはご存知ですか?
育毛シャンプーは、育毛とネーミングされていますから育毛剤と同じようなもの。という印象を持っている方も少なくないかもしれません。 だけど、育毛剤とは決定的に違います。

育毛シャンプーは髪や頭皮を洗うものですから、育毛剤のように直性発毛を促進する成分などはほとんど入っていません。
育毛シャンプーは頭皮の乾燥を防ぎ、美容成分が発毛環境を整える働きがあります。いわゆる頭皮のアンチエイジングとでも言えましょう。育毛剤は毛根に活力を。育毛シャンプーは頭皮全体を健やかに導くものです。潤った頭皮でなければ固くなり結構も悪くなりますから、毛根に栄養がいきわたりにくくなるでしょう。女性の場合、男性特有の遺伝や男性ホルモンの影響は受けにくいと言われています。
特に近年では女性の社会進出が進んだことで、男性と対等に働く女性も増えており過度なストレスを抱える女性も増えています。
女性は男性より仕事に対して真面目に取り組む傾向にあるともいわれており、またストレスの発散が下手な女性も多い傾向にあります。
知らず知らずにストレスをため、その影響でホルモンバランスを乱し薄毛や抜け毛に陥っている方も少なくないでしょう。

育毛シャンプーは基礎化粧品でいうところの洗顔料にあたる部分です。洗い過ぎが皮脂を奪い頭皮を乾燥させる原因にもなりますので、まずは何より育毛シャンプーで頭皮の状態を良好にして柔らかく保つことが先決です。

女性の場合、乾燥肌や年齢で頭皮の血行が悪かったり、かゆみやフケが出ていると髪を生やす力が弱っていることがあるので、頭皮のケアから始めましょう。